私が眠れなくなる夜は、実際にあった嫌な出来事や悲しい経験、不安に思っている事などを、目をつむった後に考えてしまった時によくあります。
原因がこれだと分かってからは、寝る前はなるべく思考がそうならないように、現実の事ではなくフィクションの世界のもの(中でも気持ちが晴れ晴れするもの)に触れるようにしています。
例えば不眠症やハッピーな恋愛もののドラマ、気持ちがほっこりするようなアニメ、を見たりすると穏やかな気分になれるので、マイナスな事を考えずに眠りに入れます。
冬の寒い日は足が冷えて眠れない事もよくありました。
昨今の節電対策もあって湯たんぽを購入し、足の先に置いてふとんに入るようにしたら、冷えずに眠れるようになりました。
電気による暖房器具だと温度調整が難しいですが、湯たんぽは最初から心地良い温度に出来るので良いです。
また、寝る少し前にホットココアを飲んだりします。
リフレッシュできる上に内臓があったまりますし、糖分で血糖値が上がるので眠りにつきやすくなるようです。